ウエディング写真のトップページへもどる

ギャラリーページへもどる

仲間が作ってくれた手作り結婚式。撮影後記
新郎新婦はある理由から結婚式を断念していたそうです。
多分、その事を上司に話をしたら
上司が中心となって二人に結婚式を用意してくれました。


もちろん、多額のお金を使うわけにはいかないので
自分達が使えるものを総動員して作ったわけです。

このような形になった経緯を良く知っている仲間だから
挙式の入場のサプライズも即興に近い形で出来たのだと思います。


素敵な仲間に囲まれているという事が本当に素晴らしい事なのだと感じます。
こんな事を知る事ができるだけでも結婚式をやった意味があるのだと思います。


やっぱり結婚式は形では無いのだと感じてしまうのです。
本当に一番大切で無くてならないものが
感謝と祝福なのだと感じるのです。